YPJ日和20

天気予報は、関東地方全域雨...涙
まあでも中止にするにもなんなので、小雨決行で那須高原を走って来ました。
天気は終日曇りでも十二分にライドを楽しむことが...♪
曇り空もあってか、ハイシーズンにしては道もガラガラ!
そして自転車とは一台も出会わなかった...???
e0165756_18444201.jpg
走行距離:57km  高低差:612m
今回のコースはアップダウンがあるので、
獲得標高:約1000m

今回も、いつものメンバー3人で行って来ました。
予備のバッテリーは2個+充電器という完璧な装備で!
やはり獲得標高1000mともなるとこのくらいは必要に。
まあ、アスリートでもない私がこのコースを走ろうと思うのも、
YPJがあるからで、予備バッテリーは心強いみかただね。
e0165756_18531630.jpg
路面は前日降った雨でウエット。
でも水溜りができるほどではないので、走るのに支障はない。
道幅も雪国ということもあって若干広めにできている。
自転車にとってはこの若干広めが走りやすい。
e0165756_18570389.jpg
景色は日本と思えないような田園風景が続く。
酪農地帯は日本ではめずらしい。
そしておそらく景観条例もあって、ごてごてした看板がない!
目に飛び込む景色は実に気持がいい。
e0165756_19043631.jpg
すぐに登り基調の緩やかな道は山岳コースへと顔を変える。
ハイモードに入れたくなる誘惑を抑えつつスタンダードでがんばる。
それでもバッテリーみるみると減っていく。
まずはマウントジーンズスキー場に到着。
結構登ったけど、疲れてはいない...笑
たぶん普通の自転車でも登れたと思うけど、もおへろへろで、ここで終わりって感じになるだろうな。
ロードバイク好きの彼が彼女をつれてきたら、1ヶ月は文句いわれそうだな。
e0165756_19122285.jpg
今回は山頂付近で霧が立ち込めているのと、バッテリーの残量を考えるとここを最高地点にして下ることに。
それでも十分登った感満天だ。
いつか天気の良い日に山頂まで登ってみたいな。
あいにく霧で山一面の紅葉を見ることは出来なかったけど。
霧の切れ間から顔を出す山肌の紅葉は幻想的で美しかった。
e0165756_19244405.jpg
スタートが遅かったのもあり、お昼も少し遅めに、那須温泉郷の昭和テイストあふれる食堂で。
景色抜群!あと2週間もすれば紅葉が一面に広がるんだろうな。
私は山菜焼き飯という初めて耳にするメニューに挑戦。
予想以上の美味しさに感動♪
当然バッテリーも充電させてもらいました。
ありがとうございます。
e0165756_19273506.jpg
お腹も、バッテリーも満タンに!
さてここから後半戦。
後半は緩やかなアップダウンが連続する、別荘地帯を走ることに。
高級ホテルや会社の保養所もいたるところにあり、とても綺麗な森を抜ける道となっている。
ただ、今回のルート上には、コンビニらしきものはなく。
ちょと栄養補給、水分補給、トイレなんていうのには困るところだ。
e0165756_19543261.jpg
無事スタート地点に帰って来ました。
今回は、大きなトラブルもなく、
1000m近い獲得標高のコースを楽しく走りきることが出来ました。

当日の詳しい写真はこちら



那須高原、本当に気持のいい所でした。
横浜からは少し遠くて二の足踏んでいたけど、高速が空いていればそんなに時間がかからないことも分かった。
今年は、もお行くことは難しいけど、来シーズンは春、夏と行って見たいし、行く価値は十分にありそうです。
那須高原の知り合いの情報では、いくつもルートがあって、メジャーでないルートにも良いところが沢山あるとのこと。
それを聞くと、何度も走りたくなりますよね。



YPJで走る那須は最高に気持いいね。
体力のあるサイクリストなら当然アシストはなくとも問題なく楽しめるけど。
高原だから、山頂まで行かずともアップダウンは着いて回る。
体力差のあるグループライドでは威力を発揮するコースではないだろうか。
今回はYPJの威力を存分に発揮するコースを選択したけれど、そうでないコースも走ってみたいですね。

一つ残念なのは、路肩が場所によって荒れていたことだ。
雪国特有の荒れ方で、こればかりはいたしかた無いが、下りではちょっと気お抜くと、パンクや事故に繋がりそうだ。

来年も必ず来るぞと、心に決めて、那須高原を後にしました。
そして今回、温泉入浴をキャンセルして、宇都宮の【velo cafe】で夕飯を取ることに
オープン当初から行きたいなと思っていたけど、なかなか宇都宮まで足を伸ばすことも出来ず、
今回は良いチャンスなので、ちょっと寄り道をしてまいりました。
e0165756_20013187.jpg
e0165756_20054177.jpg
e0165756_20062630.jpg
お店は、予想以上に素敵でした。
料理も美味しかった♪
お酒が飲めなかったのが残念でならないが、こればかりはしょうがない。
正直、宇都宮を見る目が替わりました。
東京の表参道にあってもおかしくないレベル。
そして、凄いと思ったのは、【velo cafe】といっても、別に自転車に興味がない人でもくつろげる店内と料理。
当日もお客さんの8割が若い女性で、「自転車に乗って来ましたよ」的なおじさん3人の方が浮いた感をかもし出してしまった。
とにかく自転車濃度のバランスが抜群によかったな。


いつか私もこういった【cafe】やりたいな...と強い思いにかられながら帰宅の途につきました。


次回は来月11月にYPJユーザーによる集いを開催する予定です。
今まで、PAS Braceで行っていたユーザー会を今年からYPJユーザーで行うことに!
詳細が決まり次第、ブログで告知をしますので、興味のある方は、ブログお見逃しなく。

Clean Water Factory
代表 清水 孝実




by cw-f | 2017-10-14 23:37 | 自転車 | Comments(0)