タグ:デザイン ( 42 ) タグの人気記事

5月末に廣瀬社長(TYRELL)にお願いしていた、TYRELL RX が届きました。
これは、商品ではなく、私の私物。
この仕事をしていても、自分の自転車を手に入れるときはものすごくうれしい。
まあ、趣味が自転車でしたからね。
しかも、以前からずっとほしかった、Tyrell RX
e0165756_2065248.jpg

仕事で、お客さんのTyrellを整備したり、乗ったりすることはあったのですが、
やっぱり自分のTyrellはいい。
しかもRXです。
この細いフレームデザインが個人的には好き。
チョー格好いい。
フレームセットは、どんな風に組み上げようか、妄想が膨らむ
だからしばらく乗れなくても楽しい!(笑)
あ~でも走りたいな、これで!

CWF店主
私の友達が、東京で自転車ツアーをやってます。
それが、凄いんだよね。
英語ユーザにとって日本で一番有名なツアーなんだよね。
東京の名所を英語で説明しながら、自転車でめぐるものなんだけど。
そのオフィスが移転するに当たって、CWFがそのレイアウトプランを検討中!
e0165756_2210381.jpg

前回の移転の時はガッツリ、お手伝いさせてもらったんだけど、
今回は、本業が忙しく、プラン提案ぐらいにとどまりそう。
でも、なんか凄く楽しみ。
どんどんと規模が大きくなって、世界中から人が集まってくる。
スタッフも増えて、オフィスも広くなって。

TGCT 詳しくはこちら(英語だよ)

日本人にとっても凄く良いコースなんだよね。
ただ、ガイドは全部英語だよ。
英語に自信のある方、是非トライしてみては!

CWF店主
先週の金曜日、Tyrell社の社長が当店に御来店。
数年前から色々と技術協力をしている関係でね(これ以上は話せませんが)
打合せをして、食事して、お酒飲んでと、気がつけ12時近く。
楽しい時間はあっという間に過ぎてしまう。
その時に持ってきたカタログにロードバイクRXの別刷りも!
e0165756_20582443.jpg

RX欲しくなってきた。
やばいスイッチが入りそうだ。
最近はクロモリロードばかりで、カーボンはほとんど乗ってない。
やっぱり町ち乗りは、クロモリがいいと思っていたところにこれだ。
前から知ってはいたけど、社長から、開発ストーリーとか意気込みとか、聞いてしまうと...
でも、お金が...
ということで、とりあえず3次元データ作ってみた。
ますます欲しくなった...
e0165756_2132033.jpg


社長との打合せは、とても刺激的なものとなった。
6年後に向けて動き出した。【Made in Japan】
以前にもご紹介したBikeですが、今回新たに部品を変更。
ホイール/フロントフォーク/クランク/ブレーキ
思い描いていた形にさらに近づいてきた。
このBikeは電動アシスト自転車ではないけど...
こんな電動アシスト自転車あったらな...と思ってる。
e0165756_16531054.jpg
e0165756_16534225.jpg
e0165756_16541553.jpg
e0165756_1655047.jpg
e0165756_17225164.jpg
e0165756_17241659.jpg
e0165756_1723476.jpg
e0165756_17231444.jpg

肝心の走りですが、フロントホークの動きがいまひとつ。
ストロークがありすぎて、ペダリングすると少し「ぶよぶよ」した感じに。
MTBのダウンヒル用としては問題ないけど、町乗りでは、少し柔らかすぎたな...(涙)
でも、スタイリングはかなり気に入っている。
新年明けましておめでとうございます。

本年も昨年同様、ご愛顧のほど宜しくお願いいたします。

e0165756_17395619.jpg



毎年年賀状には、私が乗りたい、私がほしい、夢の自転車をデザインして、ポストカードにしています。
今年は、電動アシスト自転車です。
YAMAHAとは関係ないけど、YAMAHAから発売されたらいいな...なんて

Clean Water Factory
代表 清水 孝実
<11月2日(金)3日(土) 臨時休業のお知らせ>

今年もサイクルモード東京が今週末に開催!

サイクルモード???ご存知ない方も多いいですよね。

詳しくはこちら

日本最大の自転車ショーで、一般のお客様から、ショップ、バイヤーまでが集まる一大イベント。
CWFがデザインした、自転車も当然展示されます。
CWFではこの展示会のブースデザインもしているので、それらの仕上がりを確認も!

ということで、お客様には大変申し訳ありませんが、2日(金)3日(土)は臨時休業となります。
お急ぎのお客様、留守電にメッセージをいただければ、翌日こちらからご連絡いたします。
(電話番号を忘れずに入れてね!)
                                            CWF 店主
今まで、お客さんによく言われることがありました。
「お店っぽくない」
「事務所かと思った」
「入っていいのかためらった」
などなど。

自宅 兼 お店の当店は遠くから見るとお店に見えないようです。
一度ご来店いただくと、問題解決なのですが。

でもって、もお少しお客様に分かりやすいように、それでいてCWFのコンセプトを崩さない形で
今回は、扉のガラス面に案内のデザインステッカーを貼りました。

張り終わったのが夜でしたので、室内から

e0165756_18595821.jpg


実はこのカッティングシートは全て手作りなんです。
普通はデジタルデータで機械がきって終わりなんですが、
私の師匠というか、友達がCWFのために、一文字一文字、切り抜いてくれました。
すごいです、とても手作りとは思えない仕上がり。
というか、比べること自体ナンセンス。
本当に感謝、感謝です。

e0165756_193930.jpg


翌朝、外から見てみるとこんな感じ。
すごく分かりやすくなりました。

お客様、ご来店お待ちしております。

CWF店主
先日サンプル塗装があがり感動しのもつかの間、量産工場での塗装が上がってきました。
量産の場合、サンプル塗装の80%クオリティーが通例ですが、
今回、95%くらいのクオリティーで上がってきました。
かなりいいです(我ながら...笑)

e0165756_18322218.jpg


でもって、カタログ用に完成車を製作。
パーツを組み込むとさらにいい。
ケンがデザインしたカーボンホイールともベストマッチだ。
あ~これは自分で乗りたいなと思える一台だ。

e0165756_18332797.jpg


昨年のサイクルモードでプレデビューした時のカラーリングよりは若干明るめに。
ただ、このワインレッド(濃いほうの赤)がものすごくいい。

e0165756_18355249.jpg


スペック的には、9kgを切る重量だ。
ロードバイク並みの軽さでOFFを走れるマシンは担ぎも入るトレール派にとって魅力の1台となること間違いなし。
やっと、PC(ワークステーション)を新しいものに入れ替えました。
まだ、検証含めて、全て完了ではないが、いつも苦労しているレンダリング作業をやってみた。


************************
レンダリング
PCの仮想空間上に立体形状(3次元モデル)を構築して、それをより現実にちかい形で表現する作業なんだけど、専用のソフトウエアーがあって、ものすごく高いマシンスペックが要求されるんだよね。
映画などの動画で使われているものとイメージ的にはおなじなんだけど、動画用のものは3次元モデルが簡単に軽く出来ている(見た目さえよければ問題なしというもの)。
うちで使うのはそういったものではなくて、そのデーターを使って、実際に物を作ることが出来る、ものすごく精度の高いデータ。0.000001mmの誤差も無いようなデータだ。これだけ高精度のデータをレンダリングするのはものすごく大変で、ワークステーションでも数分かかる。データーが大きいとさらに時間がかかったり、最悪はフリーズしてしまうことも。
************************

早い、固まらない、綺麗、すごい。
今までは、データが重過ぎて、部品単位でしかレンダリングできなかったのが
ごらんの通り、組み立てた状態で、自転車1台分、難なくこなしてくれた。
しかもはやい。

e0165756_14474269.jpg


なんか、また自転車の設計がしたくなって来た。
というか、頼まれていた、データ作成しないとな。

店主
お盆の連休を利用して、四国行ってきました。

目的は
①しまなみ海道を自転車で走る。
自転車乗りの聖地とまで言われる、自転車道が完備された橋と島々。
自転車に関わる仕事をしている以上一度は行っておく必要があるよね、ということで。

②自転車メーカーの工場見学
開発のお手伝いをしている、自転車メーカーさんが四国の香川にあるので、その工場見学&プチ打合せ。
最近工場を広くしたということでとても興味があったのと、一緒にお仕事をしているのに、一度もお伺いしたことがないというのは失礼、ということで。

まあ、とにかく「タイレルに」行きたい、「しまなみ海道」に行きたい、というのが自転車乗りの本音。

e0165756_20104244.jpg


今回の四国旅の日程は、14日、15日、16日の3日間。
その間を全て車移動と、宿泊は車というかなりのハードなスケジュール。
「まあ、疲れたら運転変わるから」
と妻の暖かい一言。
そう、今回は妻(経理担当)と私の2人旅。

続きはこちら