タグ:横浜 ( 289 ) タグの人気記事

7月8日(土)YPJ 奥多摩湖一周ライドに行って来ました。
武蔵五日市駅に車を止めて、大きく反時計回りに回るコース。
天気もまた、また、自転車日和の晴天...
メンバーは前回と同じオーバー40代のおじさんチーム...笑
そして今回はとんでもないハプニングが...涙?...笑?
e0165756_08444274.jpg

走行距離 82km    標高差  968m
アスリートとは程遠い我々(Tさんは別ね!)には、なかなかのコース。
一日楽しめそうです...笑

今回は中央高速を使う関係で、途中でTさんを拾い、集合場所のMさんの住む初台に。
この3台を積み込むのは慣れてきたな...5分とかからない。
e0165756_07325735.jpg
中央道は思いの他混雑しており、途中から一般道へ
まあ、とは言っても東京都なのですぐに着いた。(予定の30分遅れくらい)
e0165756_07383459.jpg
今回は前回の教訓を踏まえ、予備バッテリーの本数を増やしました。
これならYPJの威力を存分に発揮出来ることでしょう...
●私  :3本(予備2本+充電器)
●Mさん:3本(予備2本+充電器)
●Tさん:4本(予備3本)
いざ出発!
まずは奥多摩駅を目指します。
e0165756_07441191.jpg
e0165756_07300514.jpg
奥多摩駅までは、登り基調で、多少アップダウンアある感じ。
とても走りやすいし、川沿いの道なので、気持がいい。
e0165756_08134584.jpg
25kmほどの道のりも、YPJだと難なくこなしてくれる。
バッテリーはこの時点で80パーセントほど消費
駅で小休憩をして、ここから奥多摩湖を目指します。

だいぶ登りもきつくなって来て、バッテリーも1本目が底を付いた。
さて2本目に交換...
そうです、ハプニングとは、バッテリーと取り外すカギを私は忘れてしまったのです...
あ~何って事でしょう。
e0165756_08192563.jpg
予備に持って来た2本のバッテリーはこの時ただのウエイトとなったのです。
同行のTさんは「私も忘れたことがあって、100kmくらいバッテリー無しで走りましたよ。」
とニコニコとコメント...
ここは笑うしかないようです。
さて、どおしましょうとなるのだが
①素直にここで私だけ引き返す。
②あと少し登りを人力だけで登りきり奥多摩湖を1週して私だけ来た道を戻る。
③この先に待ち構える風張峠を16kg+使えないバッテリーを2個積んだYPJで人力だけで越える。

でもなんだか迷わず、③を選択した。
最後まで皆と走りたいのと、峠も多少押したりすれば何とか登りきれそうなわけの分からない自信が沸いてきた。
(この自信が後々後悔と変わることは間違いなかったのだけれどね...笑)
e0165756_08214240.jpg
まずはがんばって湖畔道路まで上がった。
二人には先に行っててもらって、後からゆるゆると登って。
何とか登りきった。
湖が見えたときはそれなりの達成感が沸いてきた...笑
3人と合流してから、昼食に。
同行のMさんはここで念のためバッテリーを充電。
この先の峠をハイモードで登るための準備に余念がない。
「あ~俺も充電がし...」
とりあえずしっかり食べて体をチャージ。
水分もしっかりノンアルビールで補給
e0165756_08224036.jpg
e0165756_08234035.jpg
いざ出発。
湖畔周遊道路は実に気持が良かった。
さほどアップダウンもなく。
バッテリー切れのYPJでもなんの問題なく走れる。
「なんだ、全然大丈夫ジャン...」
e0165756_08244275.jpg
しばらく走ると、湖畔を離れて、峠へと向かう道に。
最初は緩やかな登り。
いける所まで、がんばって、そこからは押しだなんて軽い気持でいたら大間違い。
すぐに、私の足が限界に...涙
e0165756_08260032.jpg
結局すぐに押しが始まった。
そお、地獄の始まりです。
標高が高いので多少涼しいとは言っても少し押し歩きをすればあっという間に汗だく。
ペットボトルの水も限られているので、大事に飲む。
10分に1回はスマホで現在地を確認し、まだまだ有る上り坂に、絶望のようなものを感じた。
1時間近く押し登りをしていると、だんだん悟りの境地に。
まあ、何とか足は前に出る。
自転車が杖代わりになるので、倒れることはない。
あまり遠くを見なくなった。
とにかく足元を見て、一歩一歩進むことだけに注力し、それ以外は何も考えない。
気がつくと1時間半以上ずっとこうやって登って来た。
車やバイクが瞬間で抜いていくのは当たり前だが、トレイルランナーにもバンバン抜かれていく。

でも、不思議とあきらめる気にはならなかった。
座り込むこともなかった。
待っている人が居る。
最後まで一緒に走りきりたい。
最悪何かあったらきっと助けてくれるだろう。
これで登りきれれば、後はゴールの武蔵五日市駅まではひたすら下り。
ブレーキだけで帰る事が出来る。
このハプニングを笑い話にしたい。
と言う気持が私の背中を押した。
でもそんな気持とは裏腹に、携帯した飲み物が底を付く。
あ~これってやばいよな...
さらに押し歩くこと30分。
もおだめかと思った瞬間、遠くに何だか人だかりの気配。
頂上まではまだまだだが、見晴らしのいい展望台があり、
そこにカキ氷の移動販売車が...あ助かった...笑
48年の人生で一番美味しいかき氷となったことは間違いない。
(もお、これ以上美味しいかき氷は食べたくないけどね...笑)
e0165756_08312495.jpg
そこからは幸い勾配も少し和らぎ、気持も体力も少し回復したので、
ペダルを踏むことが出来た。
あ~やっぱり自転車って速いな♪

そして、仲間の待つ頂上駐車場に到着。
e0165756_08334737.jpg
結局お二人には2時間近く待たせてしまったけど、
いやな顔一つ見せずに迎えいれてくれた。
本当にありがとう。
そして、わけの分からない達成感がこみ上げてきたけど、
最後までわけがわからなかった...笑
(自分のアホさにつくづく自己嫌悪、でもここまでアホだと笑うしかない)

さあ、ここからは30km以上のダウンヒルコース
「ヤッホー」
e0165756_08360972.jpg
ひとまず都民の森で水分補給。
久しぶりにペットボトル500㎜lを一気に飲み干した。
高校の部活終わりに飲んだ時以来かも...笑
e0165756_08350087.jpg
ダウンヒルは、登ったものだけに与えられる最高のご褒美だと私は思っている。
今回のご褒美は格別だ...笑
程よい下り斜度の道は実に気持がいい。

だいぶ下まで降りてくると、空気がじとっとしてくる。
あと少しでゴール
e0165756_08392327.jpg
今回お二人にはあまりにもご迷惑をおかけしたので、帰りの夕飯をご馳走することに。
何時もの【裏山ベース】で食事と休憩を!
裏山ベースはちょっと汗臭い私たちをいつも暖かく迎えてくれる。
ここなら汗臭くても入れるみたいな安心感は何物にも換え難い喜び♪
e0165756_08411051.jpg
e0165756_08410696.jpg
肝心のYPJでのコースインプレッション抜けてますね。
そう、同行の2人は予備バッテリーをふんだんに使い私と分かれた後は、快調に峠アタックを。
この日は、学生の集団、数十人もこの風張り峠を登っており、我々はその彼らを追いかける形に。
Mさんは、峠の勾配と距離を踏まえて、ハイモードにて走行。
ハイモードの威力は絶大で、元気の有る学生グループを容赦なく抜きさることとなったようです。
Mさんは技術系のごく一般的な40代男性で、どちらかと言えばインドア派。
そんな彼が、YPJに乗れば、この奥多摩湖一周ライドに何の不安もなく参加出来。
風張峠も快適に登りきることが出来てしまう。
(後日、この追い越す様子を動画で確認したが、一気に抜きさるといった感じでした)
改めて、このYPJと言う乗り物凄さを実感した。
e0165756_08434392.jpg
本日もご参加いただいた、Mさん、Tさん、本当にありがとうございました。
ハプニングはあったけど、事故もなく、無事に帰ってこれました。

自転車(YPJ)って気持いいですね。
改めて実感しました。
この気持良さを言葉にするのは難しいけど、
一緒に走ればきっとすぐに納得してくれるはず。
そして、アシストがあると言う安心感は絶大だな(カギ忘れずに)

CWFでは、YPJによるライドツアーをこれからもどんどん開催していきます。
興味の有る方はご連絡下さい。

Clean Water Factoy
代表 清水孝実

「バッテリーの鍵、忘れずに!」






臨時休業のお知らせ

本日7月8日(土)は臨時休業となります。
お客様にはご迷惑おかけし大変申し訳ありません。

明日9日(日)通常営業となります。

Clean Water Factory
代表 清水孝実

今回、久しぶりとなるCITY-Xのカスタム。
お客様に依頼されてのものではなく。
CWFが数年暖めてきた、CWFによるCWFのためのカスタム!
カスタム途中で何回か方針転換があり、
当初の予定とは少し変わってしまいましたが...良い、すごく良い♪
e0165756_21065518.jpg
CITY-Xは当然ノーマルでも細いタイヤを履いていて、走り重視の小径車だが。
今回のカスタムで、その走り重視がさらに際立ってきた。
とはいっても、YPJのような走行性能ではなく。
あくまで街乗りのスポーティさだけどね。
ドロップハンドルは好みもあるが、
私はすごく気に入ってるし、CITY-Xには合ってると思う。

詳しい写真は

もともと小径車好きで、小径車専門店でもしばらく働いていた事のあるわたしとしては、
今回のカスタムは実に「楽しい」ものでした...笑
自分の納得の行くカスタムはお客様に依頼されるものとはまた別物...
まあ、100%納得がいくとまでは行かないし、お店の広告費で行っているので、
そんなにお金もかけられない。
ベース車両も下取車なので、カスタム以上にオーバーホールに手間はかかる。
そんな中でも、かなり良い線まで持ってこれた気がするかな...♪
フレームの全塗装が出来たらよかったのですが...予算が...涙

CITY-Xをカスタムしたいと言う方
ご来店お待ち申し上げます。

CWF店主



本日は2017年モデルのPAS VIENTA 5のご納車♪
2017モデルは他のPAS同様にバッテリーの容量アップ!
益々遠くまで走りたくなりますね。
フロントバスケットはCWFセレクト。
純正の唐風バスケットは女性専用テイストなので...
e0165756_17543496.jpg
ご購入のお客様は大型バイクに乗るアクティブご夫婦。
しばらくは二人で1台を乗る予定だけど、将来的にはもう一台ほしいなとのこと。

私もバイクは好きなので、バイクの話になると止まりません...笑
昔ご夫婦でMTBのDHもされていたいたと言う事で、さらに話が盛り上がり、
「今度、そのMTBサービスで整備しますから、富士見パノラマに一緒に行きましょう」
ということになりました...笑

最近、私の中でくすぶっていた、バイクとDHが一気に再燃しそうで、ちょっと怖いです♪

CWF店主








今日の午前中は、パン屋巡る、【Bakery Ride】に行ってきた♪
20km 位をゆっくりと走って最後はパンパーティー
天気も、またまた快晴のライド日和でした。
急遽企画が決まったので、参加募集はしなかったけど、
とても楽しいライドでしたので、また企画しますね。
e0165756_21021916.jpg
6年ほど前に東京で参加した自転車のイベントの主催者が、東京でパン屋を巡る【パンライド】をやっていた。
その時は東京って有名なパン屋さんが沢山あるからいいな~なんて軽く流していたんだけど、
最近その【パンライド】を三浦半島で知り合いが開催した。
へ~三浦か...まあ葉山、鎌倉まで足を伸ばせばそれなりに有名パン屋あるよな...
走るにも気持いいところだしな...
ためしにCWFのある鶴見界隈で、パン屋を検索してみると、なんと良い感じにパン屋さんが点在していた。
あ...これはCWFスタート/ゴールでも出来るな!
e0165756_21310545.jpg
スタート:CWF
1軒目:妙蓮寺 【ブーランジェリー14区】
2軒目:妙蓮寺 【デューカ ディ カマストラ】
3軒目:新横浜 【シャン ド ブレ】
4軒目:大倉山 【パン デ モモ】
パンParty:駒岡 【cafe R】
ゴール:CWF
e0165756_21330731.jpg
妙蓮寺は予想外の展開で、
予定していた、パン屋の目の前にもう一件、最近出来たばかりのパン屋があり、
せっかくだから両方寄ってみようということに。
e0165756_21344389.jpg
10時スタートのライドでしたので、
新横浜のパン屋に着くころにはお昼近く、
お店も凄い込み合っていて、行列が出来るほど、
我慢できずに買ったパンをその場でパクリ♪
e0165756_21353916.jpg
大倉山では、既に売り切れのパンも...
残念!
e0165756_21363608.jpg
どのパン屋さんも、とてもおいしそうで、
実際むちゃくちゃ美味しくて、買うときは目移りしてしまった。
事前に、【一押しパン】みたいなのを調べておけばよかったな。
e0165756_21371854.jpg
最後は鶴見川サイクリングロード沿いにある【Cafe R】にて、アイスコーヒーをテイクアウト。
川べりの木陰にシートを敷いてパンパーティーを開催♪
しかし、ここにいたるまでに皆さん2個くらいはつまみ食いをしていたので、既にお腹が...笑

全部のパンを食べつくしたわけではないので、
どのパンが美味しいとか、このお店は...とかはまったくコメントできないけど、
一ついえるのは、どのパン屋も、【わくわく】があった。
まず、店構えにやられ、匂いにやられ、見た目にやられて...
当然食べれば、むちゃくちゃ美味しくて!
CWFも【わくわく】を提供できるお店になりたいなと思ったな...笑

このライドは、近いうちにまた企画します。
寄ってみたいパン屋、大募集!
参加したいなと言う方は、事前にご連絡下さい。
招待状を送らせていただきます。

当日の詳しい写真は
にアップしておりますのでご覧ください。

CWF店主







営業時間変更のお知らせ

本日6月17日(土)は午後2時OPENとなります。
お客様にはご迷惑をおかけします。
18日(日)は通常通りの営業となります。

梅雨入りしましたね。
今日は本格的に、朝から雨でしたね。
こんな日はバスもなかなか進まないし、お子さんを乗せるのも大変だし。
多少の雨なら自転車の方が早いし、快適ですよね。
CWFでは、そんなお母さんを応援します♪
e0165756_18433950.jpg
PASで一番人気のモデルを限定1台を10000円Offにてご提供

PAS Babby UN 2017年モデル ビビッドレッド 144720円(税込)
当然CWFの購入特典もフルで付いて来ますので、これはかなりお買い得ですよ!

詳しいスペックはメーカーホームページをご覧ください

6月15日(木)12:00よりキャンペーンを開始します。
ご来店先着1名となります。
同時来店の場合はくじ引きとさせていただきます。
ご契約の翌日からご利用いただけるモデルとなります。

是非この機会に!

Clean Water Factory
代表 清水孝実


YPJ 西伊豆ライド、行って来ました!
YPJと言えども、かなり過酷なライドとなりましたが...
とても素晴らしい経験となったことは間違いなく、
色々課題を見つけることも出来、「YPJとはどんな乗り物か?」
よりお客様に深い話が出来るようになった気がします。
e0165756_21242567.jpg
用賀インターのスターバックスに集合!
なんだかいつもと勝手が違うけど、天気も良くテンションは若干上がり気味。
e0165756_21264199.jpg
街中で見かけることの無いYPJが3台あること事態が珍しいのに、
ましてやカスタムの施されたYPJがこんな風に3台も収まる光景は圧巻です。
e0165756_21294333.jpg
天気は最高!気温はちょっと熱そう...修善寺へGO!
e0165756_21302130.jpg
○一番左が私(40代後半)。最近自転車に乗れてなく、少しおなかも...
○真ん中は、ロードバイクも乗るしBraceも乗るし、YPJも1年以上、一番走れるTさん(50代前半)
○一番右は、最近YPJを手に入れたMさん(40代前半)。ポタリング+アルファーぐらい。
このおじさん3人で今回のライドは完走を目指します。

さてこれからスタート
修善寺のど真ん中の有料駐車場に車を止めて、YPJのセッティング。
温泉のすぐ隣なので、帰りは温泉に漬かって帰りますよ...
e0165756_19185652.jpg
コースはこんな感じ。
修善寺をスタート、ゴールにしたコース。
獲得標高は1500m
総走行距離60km
バッテリーは2本で頂上までいける予想。
土肥で、食事中にバッテリーを1本充電予定。
まずは、西伊豆スカイラインを目指します。
e0165756_21465531.jpg
e0165756_21525039.jpg
ほぼ予定標高にてバッテリー切れ。
バッテリーチェンジ。
3人ともバッテリーの消費量は異なるので、交換地点も異なる。
まあこればかりはしょうがないね。

ここまで登ってくる間、アシストはしてくれているものの、それなりにハードな登り。
息も上がるし、足も結構回らなくなってきた。
決して楽に登って来た感じではない。
超難所が難所になったくらいだろう。
間違いなく自転車に乗ってる感はある。
でも、アシストのおかげで、時速10kmを下回ることは無いし、スタンディングで、もがくことも無かった。

ちなみにバッテリの携帯本数は
○私:2本(予備1本)
○Tさん:4本(予備3本)
○Mさん:3本(予備2本)
結果的に私はTさんのバッテリーにお世話になることに...涙
e0165756_21541949.jpg
展望台で一休み。
ここまで上がって来たローディーがとても興味深げに話しかけてきた。
「いやー雑誌とかでは見て、知っていたけど、現物を見るのは初めてだよ」
「あ~でも重いんだね...でもこれで私と同じペースでもぼれるんだもんな...」
e0165756_21571394.jpg
天気は最高!
こんな素晴らしい景色が見れるのは何物にも換え難い喜びだな。
さて、あと少し。
e0165756_22074342.jpg
e0165756_22074046.jpg
e0165756_22090442.jpg
なんと、山頂まであと少しと言うところで、痛恨のバッテリー切れ。
しかもこの後少しが、超激坂+向かい風!
ここまで登って来た私は体力も消耗しているので、
アシスト無しではどうにもこうにも前に進まない。
e0165756_22113837.jpg
そうです、私のバッテリーはここで2本とも0%に。
ここでTさんのバッテリーを少しの間お借りすることに。
バッテリーを使いきってしまったのは無念でならないが、
こうやってYPJで皆で走っていると助け合うことが出来る。

なんかこれっていいね♪

さあ、後はひたすら下り、疲れた体をクールダウンのはずが...
e0165756_22183060.jpg
そうです、下りは下りでもかなりの激下り。
気持ちよく飛ばすには急すぎて、予想以上に疲れる。
ブレーキを握る手もすぐに限界に。
結局休み、休み下ることに...
e0165756_22303424.jpg
土肥漁港に着きました♪
まずは人間のチャージ。
私はお店のお勧めメニュー、カサゴのから揚げ!
旨かった。あ~ビール飲みたいよ~!
e0165756_22303837.jpg
そして、一番肝心なバッテリーのチャージ...笑
お店のご厚意で2本しっかり満タンまでチャージさせていただきました。
e0165756_22304215.jpg
心も、体も、自転車もチャージ完了!
e0165756_22440761.jpg
e0165756_22450973.jpg
さてここから、一路修善寺まで、峠越え。
標高500m、バッテリー1本、計算ではぎりぎり行けるはずでしたが...
e0165756_22491388.jpg
なんと峠を登り始めて、3分の1ほど登ったところで、私の足が限界に。
攣ってしまい、どうにも動くことが出来なくなった。
走っては休み、走っては休みを繰り返すことに。
しかもかなりの峠道なので、やむなくアシストレベルは「ハイモード」に入れっぱなし。
峠を登りきる手前、あと3km地点で、どうにもこうにもならなくなった。
これは、最後の手段(私はここに残り、Tさんに車を取ってきてもらう)にでるしかないかなとまで思ったが、
丁度その時かかって来た仕事の電話で、しばらくそこに留まるっているうちに少し楽になり、
なおかつそこからは少し勾配も緩くなり、「ハイモード」なら何とかペダルをまわせるように。
そして、バッテリーも何とか頂上まで持ち、窮地を脱することが出来た。
自分の体力の無さに嫌気がさすと同時に、YPJの頼もしさが身にしみた峠越えとなった。
e0165756_00221024.jpg
無事修善寺に到着
途中色々ありましたが、何とか乗り切りました。
さて、これから温泉に浸かって、汗を流して、体をほぐして...
最高の温泉となりました。
e0165756_00221398.jpg
今回は発見の多いライドとなりました。
○YPJは電動アシストと言えども、しっかりスポーツが出来る自転車であること
○バッテリーマネージメントは面倒ではあるが、それはそれで面白さも兼ね備えていること
○登り坂基調のコースなら自分より2ランクくらい上級の方とも一緒に走りきれること
○初めてのコースでは、バッテリーは少し余分に用意しておくこと
○YPJ仲間と走ることがこんなに楽しいこと!

まだまだ小さい発見、反省点ありますが、本当に今回来て良かった。
YPJを購入しようとされているお客様に、より突っ込んだお話ができるようになったとおもう。
YPJの良さを伝えるには、自分がその本当の良さを体で理解していないと、旨く伝えられないよね。
今までも、色々乗ってきたけど、ここまで追い込んだことはなかったからな...

最後に
Tさん、Mさん お疲れ様です。
一緒に走れたこと、本当にうれしく思ってます。
また、YPJライド企画しますので、一緒に走りましょうね。

CWFではライドイベント随時開催してまいります。
「私も」と言うかたは是非ご連絡下さい。
イベント前に招待状を発送いたします。

Clean Water Factory
代表 清水孝実







臨時休業のお知らせ

明日6月9日(土)は臨時休業となります。
お客様にはご迷惑をおかけします。
10日(日)は通常通りの営業となります。
e0165756_19185652.jpg
明日は、YPJライドイベントで西伊豆まで行ってきます。
当店のお客様2人とアップダウン満点のコースを満喫する予定です。
車での移動のため今回は3名でのイベントとなりましたが、
これからも当店のお客様と定期的にYPJライドイベントを開催していく予定ですのでお楽しみに。

CWF店主



丸石という自転車メーカーをご存知ですか?
今はすっかり元気の無くなった日本メーカですが、
かつては、多くの日本メーカーが元気に自転車を日本で作っていました。
そんな時代に私は始めて自転車を買ってもらった。
今から30年以上前になるな(当時中学生...笑)
e0165756_21402475.jpg
この時代どのメーカーもこのタイプの自転車を5万円以下で販売しており、
入門者向けスポーツ自転車としてとても人気がありました。
○ブリジストン:ロードマン
○宮田:カリフォルニアロード
○松下:ランディオーネ
○富士:フェザーコンポ
○丸石:ロードエース
一番人気はロードマンでしたが、私が買ったのはたぶん富士のカリフォルニアロード。
初めて買ってもらった自転車だったので、うれしくて、けっこう乗ったな。

そんな時代のロードエースを訳あって手に入れることとなった。
30年以上前の車両にしては、信じられないほどのコンディション。
前オーナーも結構乗ったらしいけど、保管状態が良かった様です。
錆、傷はほとんど無く、大事にされていた感満点です。
処分するにはあまりにももったいない、そして当時の酸っぱい記憶がよみがえって来る。
と言うことで、まずは簡単な整備と、プチカスタム。
当時のパーツでそろえると言うのも一つ作法としてはあるのだが、
そこまで時間と労力を費やすわけにも行かないので、今手に入るもので、
大人の私に似合うスタイリングに。
クランク/シートポスト/サドル/ステム/バーテープ/ボトルゲージ/ポンプ
今見ても古さを感じさせないランドナーフォルムに...!
e0165756_21594569.jpg
あ~これでのんびりとツーリングにでも行きたいな...のんびりとね!

詳しい写真は
にアップしていますので是非こちらもご覧ください。

私の自転車の原点はたぶんここなんだろうな...笑

CWF店主