カテゴリ:自転車( 465 )

YPJ-XC こちらも少しカスタムして見ましたよ♪
手を入れたのはちょこっとですが、結構印象変わりました。
個人的にはかなり気に入ってます。
もともと、コンポーネントは文句無いものが組まれているので、
これくらい手を入れれば十分かな...
e0165756_14225410.jpg
町乗りでは走りの違いは全く感じられず...笑
ハンドル幅は、少し調整したほうが良いでしょうね。
山走りなら広めがいいけど、山だけという使い方の人はほとんどいないとおもうしね。
山も町もいける幅を見つけるのがポイントかな(個人差あり、ちなみに私は65㎝位)

詳しい写真はこちら

本日、販売、展示用のYPJ-XCが入荷して来ました。
CWFでは通常お客さんのオーダーをいただいてから、メーカーに注文なのですが、このYPJ-XC、今のタイミングだと年末近くでないと次の出荷が無いとのことで、急遽、販売店在庫を持つこととなりました。

「早く乗りたいな♪」というあなた。
「秋のベストシーズンには乗りたいな♪」というあなた

是非お待ちしております。

坂の町の自転車店
Clean Water Factory
代表 清水孝実




YPJはどれも、完成度が高くて、まあカスタムするといっても、
乗り手に合わせた、ポジション合わせに、パーツを変更するくらい。
あとは見た目にこだわって、質感を変えたり、色を変えたりと。
CWFの試乗車、YPJ-Rは私用のポジションにパーツ交換・・・
しかし発売から2年以上、ちょっとリニューアルがしたくなりフルカスタム♪
e0165756_18032752.jpg
塗装からやります。
全バラです。
パーツも中古含めてですがほぼ揃いました。
塗装も仕上がってきました。
風が強くて写真が取れない...涙
凄くいい感じに仕上がって着ましたよ。
全体のイメージはあるんだけど、実際に組んでみると微調整が必要。
「これかな」「あれかな」と試行錯誤するのがカスタムの楽しいところ。

近日中に公開できると思います。
お楽しみに!

坂の町の自転車店
Clean Water Factory
代表 清水孝実


これもおそらく最速ではないかな...
YPJ-ERのフルカスタム!
当店のお客様ご自身でのカスタム。
かなり完成度高いです。
これは凄い!お値段も凄いことに...
e0165756_16373173.jpg
乗り味は、YPJ-ERの基本性能の高さとあいまって、抜群にいいとのこと。
Brace、YPJ-Rと乗り継いで来て、やはり「これが一番良いかな♪」と
でもまだ完成ではないようです。
完成形が楽しみです。

CWFでもYPJ-Rのカスタムプロジェクトが進行中!
お楽しみに♪

こちらのYPJ-ERですが詳しい写真をflickrのアップしてあります。
オーナーさん曰く、色々とご苦労はあったとのこと。
ポン付けとは行かないようです。
カスタムに挑戦するときは十分ご注意を!
(自己責任のもとお楽しみにくださいね♪)

坂の町の自転車店
Clean Water Factory
代表 清水孝実


山で自転車に乗るということ。
これは明らかに日常とは違います。
予想もしないことが山のように起こってきます。
当然、バイクが汚れるのは当たり前なんですが...
場合によってはライダーも泥だらけに...笑
e0165756_15143732.jpg
という事で、丸洗いできる防水のシートカバーを購入しました。
まあ、山走った後って全部着替えるんだけど、色んなところに泥がついていて、気がつくとシートが汚れているなんてことも。
温泉が近くあったりすると、汚れた格好でそのままクルマに乗ってなんてことも良くある。
なので、こういったものは必需品になる。
これ以外にも色々と準備するものはあって...まあそういった準備も気持が盛り上がるね。

「山行くぞ!」

e0165756_15204514.jpg
しかしこれで1000円ちょととは安いね。
しかも送料無料で、次の日来た。
便利な世のなかになった...♪
この勢いで自転車もネットで買うんだろうなと変に納得...笑

XC楽しみですね。
試乗車が用意出来たら直ぐに山行きます。
そして泥んこになってきますよ♪

あ...荷室用のグランドシートもだ...

坂の町の自転車店
Clean Water Factory
代表 清水孝実


YPJの2nd Seasonが始まりました。
まずはYPJ-ERをご納車。
こうしてまじまじと見ると、YPJ-Rに見慣れた私としては
「バッテリーデカー」と言うのが一番の感想...笑
ここまで大きいとバッテリー切れの心配は皆無だね♪
e0165756_14503751.jpg
e0165756_14582955.jpg
前後ディスクブレーキ、しかも油圧。
最新のトレンドは全て網羅したアセンブリ。
ホイールが真っ黒に出来るディスクは格好言いね。
オーナーのTさんはRんも乗っているYPJフリーク。
Rと比べたロングインプレは楽しみです。
早速カスタムするそうです(ご自身で)
これまた仕上がりが楽しみです。

待望の大容量バッテリーを積んだアシストスポーツバイクが走りだしました。
どんな世界が広がるのか今からわくわくしております♪

坂の町の自転車店
Clean Water Factory
代表 清水孝実



皆さんGWはいかがでしたか?
私は一日お休みをいただき、檜原村を満喫してきました。
そう、東京都 西多郡 檜原村です。
この春スタートしたPASのレンタルサイクルを利用して、
自転車初心者の妻と東京一の過酷と言われる峠を超えて来ました♪
e0165756_21181539.jpg
e0165756_21262542.jpg
まずは、受付を済ませ、一通りの説明を受けました。
とても、丁寧にご説明いただきました。
9時過ぎには受け付けを済ませる予定でしたが渋滞に巻き込まれ10:30スタート。
e0165756_21231311.jpg
まずは腹ごしらえ。
以前から気になっていた、桧原村にしてはエッジの効いたお店でパスタ。
まあまあかな...

この日は、最高に気持の良い天気!
緩やかな坂道を快調に登って行きます。
VIENTA5は5段変速なので、このくらいの緩やかな登りもストレス無く走ることが出来る。
e0165756_21294489.jpg
峠へと続くこの道は車も少なく、とても走りやすい。
初心者いとってはとってもうれしいね。
e0165756_21295859.jpg
川に沿った道なので、ところどころこんな橋が現れる。
e0165756_21334620.jpg
行きも、3分2ほど来ると次第に勾配がきつくなる...が
ここからがPASの本領発揮!
ぐいぐい登る。
立ち漕ぎはまずない...笑
e0165756_21364835.jpg
きのこセンターで一休み
直売所は残念ながらお休みでした。
妻は買って帰る気満々でした。
e0165756_21380806.jpg
さらに勾配はきつくなりますが、まだ大丈夫。
1速に入れれば余裕。
バッテリー残量が心配になって来たので、スタンダードモードで!
頂上の尾根道に到着。
この日は天気がよかったので、遠く新宿のビル郡も微かに見ることが。
e0165756_21430464.jpg
吹く風が最高に気持良い♪
ここは東京で一番高い風張峠。
空の青、雲の白、新緑の緑が、私の淀んだ心を綺麗にしてくれる...笑
e0165756_21552886.jpg
まあ、電動アシストなので、「自力の達成感!」みたいなものは薄いけど...
でも、自転車でここまで登ってくる気持ちよさは間違いなくある。
周りの景色を見る余裕もむちゃくちゃあった。
片手にカメラを持ちながらでもこの急勾配は登れる。
妻は電動アシストでなければ、100%ここを登ることは無かったと思う。
私も今の体力であれば、アシスト無しで登ろうなんて考えもしなかっただろう。
やっぱり電動アシスト自転車って凄いですね。
e0165756_22030537.jpg
復路は都道206でひたすら下り、下り、下り!
e0165756_22054937.jpg
都民の森で休憩
ロードバイクがすげーいた...
カーボンロードが多かったな。
電動アシストは我々だけ...笑
e0165756_22063987.jpg
途中かやぶき屋根の趣のある、手打ちそば店で2度目の昼食?
お腹がすいていたのも有るけど、チョー旨かった♪
そしてまたひたすら下り、下り、下り。
VIENTA5は前後Vブレーキなので、安心して走れるのがGood!
妻もわしのペースについてこれる!
e0165756_22095404.jpg
無事、スタート地点まで降りてきました。
20km以上の下り道をひたすら下るのは日常生活では考えられないよね。
妻もさすがに一日自転車に乗っていたので、少し疲れた様子。
でもそれ以上に満足感はあったようです♪

興味のある方、是非一度、レンタルして檜原村の大自然を体感してみませんか。
今回我々は、一番ハードなコースを回りましたが、見所、走り所、お食事所は色々あって、
マップもいただけるし、レンタルのスタッフの方も丁寧に教えて下さいます。
詳しいことはリンクを張っておきますので、そちらを見てね。




当日の詳しい写真はこちらで


天気がよかったのもあるけど、東京でこんなに大自然を満喫できるなんて...しかも手ぶらで来れて!
また近いうち来る予定です。
今度はもお少し緩く、滝巡りかな...

興味のある方、当方までご連絡下さい。
檜原村ツアーも企画中です。
是非一緒に檜原村を走りましょう。

坂の町の自転車店
Clean Water Factory
代表 清水孝実









ゴールデンウイークに突入しましたね。
天気も良く、お出かけの方には気持の良い連休になりそうですね。
当店のお客様でもこの連休を利用して、自転車旅をスタートさせた方が!
昨年末、Braceに乗り始め、すっかりBraceでのライドにはまったようです。
このGWにあわせて装備をそろえて、いざ出発♪
e0165756_19395624.jpg
5泊6日の伊豆半島一周ツーリング
途中は全てテント泊
バッテリーの充電はキャンプ場と昼食の食堂で!

キャンプビギナーでもある彼は、GWに備えて、
キャンプの練習もして来ました。
この情熱は50を目の前にした私にとってうらやましい限り...笑

ただ、やはり情熱だけでは解決できないこともいくつか。
それは、自転車旅についてまわる、機材トラブル。
特にパンクはいかに万全の備えをしていても起こってしまうことも。
当然、タイヤは対パンク性能の高いSCHWALBEのMARATHON PLUSに交換。
それでも、やはりもしものことを考えて、パンク修理講習を受講...♪

Barceの唯一の欠点ともいえるのだけれど、リアタイヤの脱着がとっても大変。
自転車店でもちゃんとセットできるところは少ないかも...
という事で、チューブ交換ではなく、パッチを張る修理方法となりました。
e0165756_19432305.jpg
まずは修理装備の確認。
e0165756_19442325.jpg
私は手を出さず、教えるだけ。
これが実に...もどかしい。
つい手を出したくなるけど、そこは我慢で。
でも彼は、事前にyoutubeで予習してこられ手順ばっちり!
しかし、パンク修理は実際に手を動かさないと分からない部分の方が多い!
e0165756_19452146.jpg
無事全ての工程を終了しました。
これで、もしもの時も慌てず、じっくりとパンクとむきあえるでしょう。
そんなことがなければ一番いいのですが。
e0165756_19472123.jpg
これから数日間、小さなトラブルはあるとしても、一つ一つ乗り越えて
素晴らしい自転車旅になることをでしょう。

CWFではこんなBrace乗りを全面的にバックアップいたします。
「パンク修理講習会」はもちろん、「旅装備のご提案」「電動あるある話」
さらには旅のプランを一緒に考えたり、長旅の方には「メカニカル講習会」も!

あ~いいな♪私もこんな旅したいな...

坂の町の自転車店
Clean Water Factory
代表 清水孝実




ついにYPJ 4車種が発表になりました。
発売はまだ少し先ですが、価格もスペックもはっきりしたので、
俄然購買意欲が沸いてきます。
私の場合、【売りたい】と【欲しい】が一度に沸いてきました
試乗車は【YPJ XC】確定だが、サイズが悩ましい...笑
e0165756_21502602.jpg
今回の発売で、YPJは6車種となりました。
6車種って凄いな。
販売の準備もこれから大忙し。
今までスポーツバイクは触って来たからまだいいけど、
PASしか扱ってこなかったお店は大変だろうな...

ご興味のある方は、おそらく既に実物を目にはしていることと思います。
試乗をしてからと思う方も多いかと思います。
ただ今回は事前にごご予約をいただかないと、秋のベストシーズンに間に合わない可能性が...高そうです。
4車種で3000台/年なので、そこそこの生産台数(YPJ-R/C実績)ですが、
3サイズ展開×2色展開であることを考えると、ご希望の車種を手に入れるには...

ご興味のある方、早く乗りたい方、お早めにご注文を!
(既に2台ご注文をいただきました...♪)

坂の町の自転車店
Clean Water Factory
代表 清水孝実


3月に入り少し暖かくなりましたね。
桜の開花予想も発表されると、そろそろかなと。
今年も昨年に引き続き、お花見ライド開催します。
日時:3月31日(土)
詳細は追って告知いたします。
e0165756_20180257.jpg
おそらく昨年と同じ様に【走って】【食べて】【飲んで】となる予定。
昨年は開花予想を1週間読み誤り、5部咲きでいた。
今年は満開の桜の下を走れると良いのですが...笑

坂の町の自転車店
Clean Water Factory
代表 清水孝実


なんと、2018年モデルのBraceとVIENTA5が発表となりました。
例年より5ヶ月も早い発表です。
内容的には、1000円/2000円の値上がりとカラーチェンジ(1色)
新色はリッジレッド、なかなかいい感じです。(好きな赤です)
ちょっとカスタムしたくなりました...笑
e0165756_23350314.jpg
この赤でカスタムしたいお客様、募集中です。
e0165756_23350364.jpg
このオレンジもなかなかいいね♪






しかし何でこんなに早くモデルチェンジ?と思いますよね。
この2車種は、PASブランドの中で、もっともスポーティーな車種。
スポーツバイクと言っても言い過ぎではないくらい。
ただ、数年前にYPJというさらにスポーティーな車種が登場して、
さらに今年の春(もおすぐ)YPJブランドの数車種が発表と随時販売になる。
その関係で発表時期がずらされたようです。

2018年はE-BIKE元年といわれてます。
ヤマハも新車種を大量投入。
わくわくが止まりませんね♪
ただ試乗車の準備が大変になりそうです...涙

もおすぐ春、自転車のシーズンが始まります。
待ち遠しいですね...色々と♪

坂の町の自転車店
Clean Water Factory
代表 清水孝実