人気ブログランキング |
YPJの総合カタログが完成しました。
全7車種がラインナップ。
これからどんな展開になるのか楽しみです。
E-MTBの専用コースとかも出来るんだろうな。
そんな近未来を思い描くとわくわくしてきます♪
YPJ 総合カタログ♪_e0165756_17100295.jpg
ヤマハがスポーツBIKEに参入してきたのはここ数年のこと。
しかもE-BIKEとしてだ。
既存のメーカーや自転車ファンからすれば、新参者が何処まで出来る???
みたいな見方をする方もいる。
でもE-Bikeは自転車の仲間だけど、自転車とは違った楽しみ方の出来る、新しい乗り物であるのは間違いない。
だから、Eあり、Eなし両方を所有して、楽しむなんてことが当たり前になると思う。
現に私も両方を乗り分けている。
単に「楽になる」体力を補うといった認識は遠い過去のもの。
特にE-MTBはその色合いが強い。
今まで、グラベルやシングルトラックを駆け下りるのが楽しいというのは言うまでもないが、
グラベルを登るのはただただ苦痛(たまに好きな人もいるみたいですが)
下りの快感を得るための代償くらいでしかなかった。
出来ることなら、リフトに載せたり、トラックに載せて、山の頂上まで行きたいと願っていた。
ただそういった事が出来るところは極々限られている。
E-MTBは何が違うかと言うと、グラベルを登るのが「楽」なのは言うまでも無いが...

「楽しい」のである!

ひたすら登りでもいいくらい登ることが楽しいのだ。
これは普通の電動アシスト自転車に乗られている方でも経験したことがあると思う

「ちょっとここ登れるのか???」
と思うようなグラベルを登ってみる楽しさがある。

普通のMTBでもそういった楽しみは無いとは言わないが、
これを楽しいと感じれるのは、超人的な体力とテクニックの持ち主だけであろう。
そお考えると、我々一般人でもこの楽しさを享受できるというのは凄いことだと思う。
そして近々お目見えすうMT-Proはさらにハイスピードでの下りを12分に楽しめてしまう。

「登って良し」+「下って良し」なバイクと言える。

XCで駄目なのと思われる方もいると思いますが...
XCでも全然大丈夫です。
でもやはりリヤサスペンションは登りでのトラクション性能、下りでの安定感に大きなアドバンテージとなる。
これから購入と言う方にはリアサス付が間違いない。

問題は...何処を走るか!どこが走れるか!になってくる。

E-MTBの将来は、ここにかかっていることは間違いないであろう。



私が個人的に願っているのは、夏場のスキー場だ。
「え...それならあるよ。富士見とか岩岳とか!」
そうなんですが、リフトやゴンドラを動かす必要は無いんです。
簡単なコース整備だけで良いんです。
ひょっとしたら、リフト整備用に軽トラが走る道でも良いんです。
リフトやコース整備に人もお金もかからないので、ハードルは低くなる。
トイレやレストハウス、売店、は夏山ハイカーに開放しているものが使える。
八方尾根のように横に広いスキー場は最高のロケーションになること間違いない。

今、このような夏場のスキー場はモータスポーツのレース会場として開放されているところが幾つかある。
ハードエンデューロレース!
当然ヤマハのモーターサイクルも沢山走っているし、主催するレースもあるだろう。
もしこのレースに開放されているスキー場をE-Bikeも走ることが出来たらと思うとわくわくしますね。
このフィールドに一番近くにいるのはオートバイメーカーでもあるヤマハではないかなと思うのです。

ヤマハにはフィールド開拓にも大きな期待を抱かずにはいられない!












8月21日、無事CWFもYPJ-MT Proの正規販売店となることが出来ました。
今のところ横浜市内では当店のみとなります。
今後増えるようですが、市内で3から4店のようです。
認定のポイントは、技術的なことは当然ですが、「やる気」のようです。
Proの素晴らしさをお客様に伝え、販売できるお店が基準のようです。
YPJ-MT Pro 販売開始♪_e0165756_12323295.jpg
「安さ」を売りに商売をしているお店は外されたようです。
試乗車を置かなければならないとか、MT Proのプロモーションイベントを開催しなければならないとか。
いろいろお金もかかるし、手間もかかるけど、CWFにとっては今までずっとやってきたこと。
今までの実績が少し形となって実を結んできた気がする。

試乗車は9月中旬までにはお店に来る予定。
当面は当店で購入を予定している方のみにご試乗いただくようになります。
冷やかしや、他店購入を検討している方には見るだけとなることご了承願います。
(大手ECサイトがヤマハの勧告を無視して値引き予約販売をしていたことが発覚)

9月、自転車のベストシーズンと共にこのMT Proで野山を走れると思うと、今からわくわくがとまりません♪
どこに走りに行こうか考えるだけでも、時間が経つのを忘れてしまいます。
トレイルか、林道か、DHコースか...
その後、キャンプして、風呂は入って、上手いもの食ってまで考えるとまじやばい。
50過ぎのおじさんが、「わくわくがとまらない」って笑えるね!

ご興味のあるかた、ご来店、ご連絡お待ちしてます。
今ならMT-Pro専用カタログ差し上げます。(横浜は当店だけですよ...)




YPJ-MT Pro ついに発表となりました。
他メーカーが続々とフルサスを発表する中ついに発表です。
「後だしジャンケンは絶対に勝つ」の法則どおりですね。
これは欲しいですよね。
見た目の仕上がりは抜群です。(ヤマハブルーかな???)
YPJ-MT Pro 発表♪_e0165756_20455339.jpg



スペックも値段もほぼ予想通り。
まあ、これなら、ノーマルで12文に楽しめることを考えると
かなりお買い得な価格設定ではないでしょうか!
ヤマハファンのE-Bike乗りならたまらないね。
そしてヤマハファンでなくとも、欲しくなる一台ではないでしょうか!

そして気になるのが販売方法。
この車種に関しては、既存のYPJ販売店なら何処でも買えるというものではないのです。
現在、調整中!
当、CWFでも販売したくて販売したくてたまらないのですが、
まだ現時点では何とも言えない状態です。

良い結果をご報告できるよう、がんばりますので今しばらくお待ちください。


坂の町の自転車店
Clean Water Factory
代表 清水孝実



臨時休業のお知らせ。

明日4月7日(火)檜原村レンタルサイクル点検整備のため終日休業となります。
ご迷惑をおかけし大変申し訳ありません。

次回の営業日は4月9日(木)となります。

坂の町の自転車店
Clean Water Factory
代表 清水孝実

2020年4月1日から会員制の自転車店にリニューアル!

CWFはPAS販売開始から今年で10年目となります。
沢山のお客様にご支持いただき、ここまでやってくることが出来ました。
感謝の気持でいっぱいです。
それと同時に大きな責任を背負っていることも実感しております。

当店を気に入っていただき、購入して下さったお客様の期待を裏切ることなく、
更なるサービスの充実を図るため、当店のサービスの見直しをおこないました。
経営資源、リソースは増えておらず、店主一人でこれからしばらく運営をしていく事にかわりはありません。
業務の選択と集中を図るべく、「当店のお客様」へのサービス充実を図るのと引き換えに「当店以外のお客様」へのサービスを減らさざる負えなくなりました。
今までは当店購入、他店購入、区別無くお引き受けして来ましたが、これからは他店購入のPASは修理、メンテナンスをお断りすることとしました。

ただし、他店購入のお客様であっても、「サービス会員(仮称」加入していただければ、いままで同様に、修理メンテナンスをお引き受けいたします。
「サービス会員」に加入するにあたって、入会費は必要がありませんが、幾つか条件を設定しました。

<サービス会員加入にあたって>
①入会費は必要ありません
②お客様の、名前/住所/電話番号/PAS号機番号が必要となります。
③中古購入、譲渡された車両(PAS)は原則入会できません。
④ヤマハ発動機の推奨する定期点検整備(有料)を当店で受けていただきます。
⑤会員期間は原則1年で、1年後に定期点検整備を受けていただければ延長可。
⑥一度入会しますと、同じ方で他店購入の車両(PAS)は入会できません。
⑦駆動系へのカスタム(改造)を行っている車両(PAS)は入会できません。
⑧正規販売店以外で購入した車両(PAS)は入会できません。
⑨加入から1年間は空気補充とクイックメンテナンスが無料とまります!

運用開始は2020年4月1日からとしますが、4月中はテスト運用となりますので、柔軟に対応いたします。
また運用ルールは変更することもありますことご了承願います。

量販店やチェーン店、電気店では真似の出来ない、PAS専門店ならではの高品質のサービスをご提供するために努力してまいりますので、今後とも変わらぬご愛顧のほどよろしくお願い申し上げます。

坂の町の自転車店
Clean Water Factory
代表 清水孝実