今年の研修旅行はしまなみ!
今更しまなみの素晴らしさを書いても...だけど
でもやっぱり裏切らない素晴らしさがありました♪
そして、YPJは予想通りの大活躍!
近い将来、サイクルツーリズムの主役はこのE-bikeになるのでしょうね。
e0165756_19071653.jpg
1日目の宿は尾道の「U2」
しまなみ海道を自転車で走るサイクルストのために作られた宿泊施設。
予想を裏切らない...はるかに上回る素晴らしい宿でした。
高級ホテルのような行き届いたサービスが...と言うことではありませんが。
大事な自転車と安心して止まることが出来、これから「しまなみ海道」走るぞと、最高に気持を盛り上げてくれる雰囲気が演出されている。
e0165756_13074543.jpg
写真撮りたくなるよね
e0165756_13091342.jpg
今回は友達夫婦と4人での旅となりました。
メンバーとバイクは
私:48才 自転車店オーナー/ロードバイク(TYRELL)
妻:4*才 自転車初心者/E-Sport Bike(ヤマハYPJ-R)
友達:48才 自転車一年目/ロードバイク(LOOKカーボン)
奥様:4*才 自転車超初心者/E-Sport Bike(ヤマハYPJ-C)
e0165756_13135017.jpg
予定の走行距離は、1日目50km/2日目20km!(途中の島に宿泊)
通常、初心者の女性はこの距離だと「無理無理無理」と拒絶反応を示す。
それがたとえ「しまなみ海道」であってもだ!
そのためこの春から周到な準備を行ったよ...笑
練習で、まず電動アシスト(PAS)になれてもらい、30km程度のいわゆるポタを数回経験してもらう。
サイクリングの楽しさを体感してもらい、徐々に距離を伸ばす。
ポジションやパット入りパンツの重要性を理解してもらい、自転車に成れてもらい、少しずつ問題解決をしていく。
しまなみと言っても、「走り」一辺倒の旅にすると、女性はこれまた拒絶反応を示すので、
観光/グルメ/宿泊/+ライドくらいに工程をアレンジ♪
と、ここまで準備しても何せ始めてのことなので、不安は付きまとう。
そのための保険として途中のエマージェンシープランも立てておく。
e0165756_13172822.jpg
結論から言うと準備の甲斐もあり、最高の「しまなみ海道」の旅となったよ♪
当然、男性陣も普段より少しペースを落とすだけで、4人全員で自転車を楽しむことが出来た。
女性陣もE-Bikeの力を借りて、無理することなく、余裕のライド!
(当日は酷暑でしたので、少しでも無理をしたらおそらく熱中症で倒れていたと思う)
橋に登る坂は、女性陣の方がペースが速いくらいでした...笑
e0165756_13205285.jpg
2日目の宿は、瀬戸内海を見渡す丘に建つ古民家の宿「尾形の家」
同行の奥様がセレクトしてくれたこの宿はU2とは全く違った趣で、女性陣のテンションはMAXに♪
e0165756_13271284.jpg
ここも、自転車は土間に泊めることが出来、簡単な工具も用意してあるので、安心して泊ることが出きる。
オーナーの女将さんはとても気さくで、話も弾む♪
e0165756_13353955.jpg
2日目の午前中はふた班に分かれて行動となりました。
我々夫婦は車で移動と観光をして今治に、友達夫婦は自転車で残りの島を走りきり、今治に!
超初心者の友達の奥様は2日がかりとはいえ、猛暑のなかしまなみ海道を走りきりました。
走りきった奥様からは、笑顔で
「とても楽しかったわ、また走りたいです♪今度はもお少し涼しいときに.笑」
と言葉をいただきました。
この旅を計画して本当に良かったなと実感した瞬間でした。
午後は、お風呂と食事を済ませ、香川県に!
そうですタイレルの新工場の見学と、讃岐うどん。
工場は本当に格好良かった。
日本にもこんなに格好いい自転車メーカーがまだあることに自転車界の希望の光を見た♪
e0165756_13434697.jpg
社長の廣瀬さんに中を案内してもらった。
外見は文句無く格好いいいけど、中も機械や仕掛品が整然とならんでいて、
日本の工場とは思えない美しさがあったな。
e0165756_13510823.jpg
そして締めは、うどん!
連れて行ってもらったお店で廣瀬さん一押しのカレーうどんを食しました。
このボリューム!半端無い。
チョー旨いんだけど、熱いのと、辛いのと、ボリューミーなのとで、
終盤はかなり修行のようになっていた...笑
e0165756_13560607.jpg
お腹もいっぱい!大満足の旅はここで終わり。
廣瀬さんに見送られながら横浜に向けて800km!


この旅を通じて友達の奥様も自転車の魅力を実感してくれたことと思います。
自転車の素晴らしさ
E-Bikeの素晴らしさ
これからも多くの人に広めていければと思っています。

坂の町の自転車店
Clean Water Factory
代表 清水孝実


暑い日が続きますね。
自転車好きでも乗るのを躊躇する暑さ。
こんなときは涼しい部屋で、自転車整備やカスタムなどいかが?
先日お知らせしたカスタムが途中ですが形になりました。
最終的にはコンポを電動化の予定♪
e0165756_17203246.jpg
まあ、スタイリングと言うのは好みが大部分を締める。
良い悪いという判断基準ではないよね。
そういう意味で、今回は私好みのスタイリングに♪
フレームをシルバー塗装!
お店のカスタムサンプルなので、少し目立つように派手になんて考えてもいましたが、結局自分の好きな色に落ち着いた...笑
組み込むパーツは全てブラック。
地味と言われれば地味だけど...
競技をするわけではないので、この辺がしっくり来る。
普段着でも違和感が無いように。
でも週末はジャージを着て少し遠出なんてのも良いのでは♪
e0165756_17302559.jpg
最終的には、DI2化の予定!
中古ですがパーツは揃ってる。
少し涼しくなるころにはお披露目出きると思います。

詳しい写真はこちらを見てね。

YPJのフレーム塗装も承ります。
興味のある方、ご連絡お待ちしております。

坂の町の自転車店
Clean Water Factory
代表 清水孝実

YPJ-XC こちらも少しカスタムして見ましたよ♪
手を入れたのはちょこっとですが、結構印象変わりました。
個人的にはかなり気に入ってます。
もともと、コンポーネントは文句無いものが組まれているので、
これくらい手を入れれば十分かな...
e0165756_14225410.jpg
町乗りでは走りの違いは全く感じられず...笑
ハンドル幅は、少し調整したほうが良いでしょうね。
山走りなら広めがいいけど、山だけという使い方の人はほとんどいないとおもうしね。
山も町もいける幅を見つけるのがポイントかな(個人差あり、ちなみに私は65㎝位)

詳しい写真はこちら

本日、販売、展示用のYPJ-XCが入荷して来ました。
CWFでは通常お客さんのオーダーをいただいてから、メーカーに注文なのですが、このYPJ-XC、今のタイミングだと年末近くでないと次の出荷が無いとのことで、急遽、販売店在庫を持つこととなりました。

「早く乗りたいな♪」というあなた。
「秋のベストシーズンには乗りたいな♪」というあなた

是非お待ちしております。

坂の町の自転車店
Clean Water Factory
代表 清水孝実




YPJはどれも、完成度が高くて、まあカスタムするといっても、
乗り手に合わせた、ポジション合わせに、パーツを変更するくらい。
あとは見た目にこだわって、質感を変えたり、色を変えたりと。
CWFの試乗車、YPJ-Rは私用のポジションにパーツ交換・・・
しかし発売から2年以上、ちょっとリニューアルがしたくなりフルカスタム♪
e0165756_18032752.jpg
塗装からやります。
全バラです。
パーツも中古含めてですがほぼ揃いました。
塗装も仕上がってきました。
風が強くて写真が取れない...涙
凄くいい感じに仕上がって着ましたよ。
全体のイメージはあるんだけど、実際に組んでみると微調整が必要。
「これかな」「あれかな」と試行錯誤するのがカスタムの楽しいところ。

近日中に公開できると思います。
お楽しみに!

坂の町の自転車店
Clean Water Factory
代表 清水孝実


これもおそらく最速ではないかな...
YPJ-ERのフルカスタム!
当店のお客様ご自身でのカスタム。
かなり完成度高いです。
これは凄い!お値段も凄いことに...
e0165756_16373173.jpg
乗り味は、YPJ-ERの基本性能の高さとあいまって、抜群にいいとのこと。
Brace、YPJ-Rと乗り継いで来て、やはり「これが一番良いかな♪」と
でもまだ完成ではないようです。
完成形が楽しみです。

CWFでもYPJ-Rのカスタムプロジェクトが進行中!
お楽しみに♪

こちらのYPJ-ERですが詳しい写真をflickrのアップしてあります。
オーナーさん曰く、色々とご苦労はあったとのこと。
ポン付けとは行かないようです。
カスタムに挑戦するときは十分ご注意を!
(自己責任のもとお楽しみにくださいね♪)

坂の町の自転車店
Clean Water Factory
代表 清水孝実


YPJ-Cのメンテナンスにご来店のお客様。
なんと1年半で1万キロに到達。
何とも頭がさがります。
通勤でのご利用とのことですが、凄いですね。
日ごろのメンテナンスはご自身でされているとのことですが
e0165756_21464858.jpg
「距離乗るので、定期的にプロに見てもらいたい」とのことで来店。
これだけ大事に、しかもこれだけ沢山乗っていただけるとうれしいですね。
そして、距離乗る方の必需品が予備バッテリー。
e0165756_06551058.jpg
バッテリーホルダーが良い感じです♪
サバイバルゲームで使われるマガジン入れだそうです。
あまりのぴったりサイズに「作られました?」聞いてしまいました。
皆さん色々と工夫されてるんですね。
これもまたYPJに乗る楽しみの一つかもしれませんね♪

坂の町の自転車店
Clean Water Factory
代表 清水孝実

山で自転車に乗るということ。
これは明らかに日常とは違います。
予想もしないことが山のように起こってきます。
当然、バイクが汚れるのは当たり前なんですが...
場合によってはライダーも泥だらけに...笑
e0165756_15143732.jpg
という事で、丸洗いできる防水のシートカバーを購入しました。
まあ、山走った後って全部着替えるんだけど、色んなところに泥がついていて、気がつくとシートが汚れているなんてことも。
温泉が近くあったりすると、汚れた格好でそのままクルマに乗ってなんてことも良くある。
なので、こういったものは必需品になる。
これ以外にも色々と準備するものはあって...まあそういった準備も気持が盛り上がるね。

「山行くぞ!」

e0165756_15204514.jpg
しかしこれで1000円ちょととは安いね。
しかも送料無料で、次の日来た。
便利な世のなかになった...♪
この勢いで自転車もネットで買うんだろうなと変に納得...笑

XC楽しみですね。
試乗車が用意出来たら直ぐに山行きます。
そして泥んこになってきますよ♪

あ...荷室用のグランドシートもだ...

坂の町の自転車店
Clean Water Factory
代表 清水孝実


YPJの2nd Seasonが始まりました。
まずはYPJ-ERをご納車。
こうしてまじまじと見ると、YPJ-Rに見慣れた私としては
「バッテリーデカー」と言うのが一番の感想...笑
ここまで大きいとバッテリー切れの心配は皆無だね♪
e0165756_14503751.jpg
e0165756_14582955.jpg
前後ディスクブレーキ、しかも油圧。
最新のトレンドは全て網羅したアセンブリ。
ホイールが真っ黒に出来るディスクは格好言いね。
オーナーのTさんはRんも乗っているYPJフリーク。
Rと比べたロングインプレは楽しみです。
早速カスタムするそうです(ご自身で)
これまた仕上がりが楽しみです。

待望の大容量バッテリーを積んだアシストスポーツバイクが走りだしました。
どんな世界が広がるのか今からわくわくしております♪

坂の町の自転車店
Clean Water Factory
代表 清水孝実



YPJ、全6車種の総合カタログが完成しました。
So cool!なカタログです。
ヤマハはやっぱり【格好良い】が得意だね!
男心をくすぐります。
永久保存版のカタログです。
e0165756_16351422.jpg
今となっては紙のカタログよりもWebの方が早くて詳しくてなんだけど...
でもここまでしっかりしたカタログだと紙の力を感じますね。
こんなこと言ったら年なんだろうけど、昔はカタログを販売店やイベントでもらい集めて、「あれがいい」「これがいい」と思いを馳せたものです。
自分が始めて買った車(HONDA CRX si)のカタログは捨てずにもってるしな。

7年前、電動アシスト自転車専門店としてリニューアルオープンした時、スポートバイクは趣味として楽しめればいいかなと心の中に封印した。
いつかスポーツバイクも扱う店にリニューアルするとか2号店を出すとか出来ればいいなと思っていた。
でもこんなに早く、こんな形で、スポーツバイクを扱うことが出来るようになるなんて。
このカタログを見るたびに感慨深い思いでいっぱいになる。

スポーツ電動アシスト自転車=E Bike

E Bikeの文化は日本にはまだありません。
ヨーロッパの文化をトレースすることも出来るけど、
自転車は走るロケーション、環境、で大きく変わってきます。
ヨーロッパのまねをしたからと言って、同じ様には楽しめない気がします。
日本には日本の楽しみ方があって、それが今まさに始まろうとしています。

日本独自の楽しみ方をCWFと一緒に創っていきませんか。

坂の町の自転車店
Clean Water Factory
代表 清水孝実





昨年末、自転車You tuberケンタさんと、動画を撮影して来ました。
撮影して来たと言っても車両の提供と撮影の同行といった感じ。
動画中には2秒ぐらいしか映ってない...笑
しかし、Youtuberさん凄い!最新機材を駆使して全の工程を
ほとんど一人でこなしてしまう。
e0165756_16553727.jpg
今回は、カメラ担当のもお一人Yuotuberさんが同行したけど、
普段は三脚や、手持ち、固定でこなしてしまう。
音声もしっかり撮るし、場所決め、位置決め、かっと割り、
何から何までだ。
たぶん、【カメラ】【音声】【ディレクター】【アシスタント】【出演者】【編集】【etc】と通常分業されていて、それぞれに役割の人がいるんだと思うけど、全部一人でこなしてしまう。
出来上がった動画のクオリティーは、ローカルテレビの製作会社が作った番組なんかよりも数段レベルが高くて、なおかつ面白い(これは個人の感想になる)
逆に見ると、ここまで出来るYoutuberでないとお金にはならないんでしょうね。



ケンタさんとは知り合いの会社が開催したPartyで知り合いになった。
以前から知っていたので、お会いしたときは、完全に1ファンとして...
「あ~お会い出来てうれしいです。」
「いつも楽しみに、動画拝見してます」
「応援してます。いいね押してます。がんばって下さい」
「写真一緒にとってください。」
とお決まりの会話だ。

ただ、知り合いの会社でケンタさんが動画を撮るようになり、
何度かお会いする機会が増え、昨年11月にお会いしたとき、
私:「ケンタさん、スポーツ電動アシストって興味ないんですか?」
ケン:「めっちゃあるんですよ。嫁が電動乗って、峠で自分をぶち抜くみたいな」
私:「それ面白そうです、是非やりましょう。車両は用意しますので」
ケン:「まじですか...えじゃ日にち決めましょう」
私:「出来れば水曜日がいいな...でも...いつでもいいですよ」
ケン:「嫁の予定も有るし...12月xx日は?」
私:「その日で行きましょう」
ケン:「サイクリングマンも一緒に」
私:「全然OKです、2台までは用意できますので」

と、お酒の勢いも借り、何ともとんとん拍子に決まりました。

それから1ヶ月ほどは、ロケハンや当日の現地スタッフとの調整やらで、
あっという間に時は過ぎ、現地の天気や路面状況を現地スタッフと情報交換し...
当日は、穏やかな冬ばれのもと撮影を無事行うことが出来ました。

撮影最中は、終始笑いと笑顔が絶えることなく。
企画が良かったのか?電動が良かったのか?ケンタさんが良かったのか?
とにかく、同行した私も楽しい時間を共有することが出来ました。
出来上がった動画を見て、涙もの感動が...♪
当時の楽しかった空気感がそのまま...それ以上に動画で表現されていました。
そして、スポーツ電動アシスト自転車を的確にコメントし、まとめていただきました。
当然電動アシスト自転車の良さは色々あるので、動画中のコメントが全てでは無いけれど、

「僕はめっちゃ楽しかった まさか嫁と峠こんなに走れて...」

当然、電動アシストに乗ったお嫁さんも楽しかったことは間違いないと思うけど、
自転車乗りの男性にとっては、妻や彼女と一緒に、同じペースで峠を越える。
超えた先に待つ素晴らしい景色を共有する。
これって【男のロマン】ですよね。

また、こんな素晴らしい企画の動画が取れたらいいですね...♪

やっぱりYou tuber ケンタさんは凄いな...♪

坂の町の自転車店
Clean Water Factory
代表 清水孝実